平板測量の技術を用いて、指定された測量区域の境界線測量と、測量成果をもとにした面積計算、図面仕上げを行います。競技は3人1チームで行われ、制限時間内にいかに早く、正確に測量できるかを競います。

日時

令和元年10月23日(水) 9:00~16:05

会場

山形総合運動公園(山形県天童市山王1-1) 会場マップ

実施基準

平成31年度全国大会実施基準による。

競技内容

平板による境界線測量及び三斜法・三辺法による面積計算
(計算処理において、切り上げ及び切り捨ては四捨五入とする。)

競技要領

  1. 参加人数は、1チーム3名とする。ただし、補欠1名を認める。
  2. 平成31年度全国大会実施基準に加え、競技を行う際の注意事項などについては実施担当校が作成する事前Q&Aにて示す。
  3. 競技は、第1次作業から第3次作業までを通して行い、同一会場で4回に分けて行う。
  4. 大会運営関係者(許可された者を含む)以外の、前日や競技前の会場下見、立ち入り禁止区域への立ち入りは認めない。なお、これらの行為があった場合、原則として不正行為と見なす。
  5. 説明会は実施しない。
  6. 縮尺は1/200とする。
  7. 荒天時は、データを与えて内業のみとする。ただし、小雨の場合にも競技(晴天時同様)を実施するので、各自雨具を準備すること。なお、第1回次開始後は天候変化があっても、 原則として競技の変更は行わない。
  8. 出場順番は、令和元年度春季代議員会で決定する。

その他

  1. 競技に使用する器具(三角スケールを含む)は、各チームで準備するものとする。
  2. 競技に使用した三角スケールの提出は必要としない。
  3. 審査用の三角スケールは、実施担当校で準備する。
  4. 競技会場への携帯電話・スマートフォン・ウェアラブル端末等の通信機器の持ち込みは認めない。また、見学者席でも携帯電話・スマートフォン・ウェアラブル端末等の通信機器の使用を禁止する。